禁酒効で肌が若返る!具体的な対策とは?

目安時間:約 4分
肌

 禁酒効果を肌で感じる方が、多くおられます。

(肌といっても、比喩ではなく本物の「肌」ですよ^^)

 

そこで、今回は、なぜ禁酒を行うと肌に効果が出てくるのか、情報をシェアしたいと思います。

禁酒効果が肌で出るというよりも、飲酒でダメージを受けていた・・・

 禁酒を行ったら美肌効果があったという報告は、視点を変えると、

「元の姿に戻った」という事になると思います。

 

飲酒癖がある方に多くある肌トラブルとして、下記のものがよく言われています。

 

・毛穴が開いている

・黒ずみが目立つ

・痒みがある

・乾燥してカサカサしている

・シワが増える

・目の下のクマが目立つ

・吹き出物やニキビが増える、治りにくい

・顔色が変になる(赤ら顔、黄疸っぽい、黒い)

 

実は、これらの肌トラブルの原因は、全てアルコールによるものだと考えられませんか?

飲酒すると肌に悪影響を与える訳

 飲酒を行うと、一時的に体温が上がり、体から水分が抜け出し、肌が乾燥します。

 

肌が乾燥すると、潤いがなくなった結果、シワが目立つようになります。

 

かつ、食生活が不規則になりビタミン・ミネラル不足となった結果、ますます肌の張りがなくなり毛穴は開き、肌全体が獣欲に負けて垂れ下がるようになります。

 

その結果、年齢よりも老けて見られるようになり、それからくるストレスで飲酒を行い、その結果、肌の状態が悪くなり、飲酒を行って・・・という悪循環になる場合が多いようです。

 

また、アルコールは眠たくなる作用がある反面、良質な睡眠を妨げます。その結果、常に睡眠不足状態となり思考力の低下、目の下のクマの出現など、さらに追い打ちをかけるような副作用が待ち構えています。

禁酒効果を肌で感じたいあなたがすること。

 まず、禁酒もしくは休肝日を持つようにしましょう。

 

最初から難しいとは思いますが、この記事を呼んで、いかに飲酒が肌に悪影響、いえ、生活自体に悪影響を与えているかを理解することが出来たと思います。

 

ですので、繰り返し、アルコールの真実の姿を暴いている当ブログの記事を参考にしていただいたり、当サイトで実施している禁酒本実践講座を試していただいたり、まず、小さな行動から開始する事が大切です。

 

また、女性の方は特に連続飲酒には気をつける必要があります。

 

そもそも、女性は肝機能が男性より弱いために、アルコールの分解力が無く、肌トラブルに発展する可能性が男性よりも高いのです。

 

そして、アルコールによって、女性ホルモンの分泌が減るので、剛毛化、薄毛、精神不安定などの症状が出る可能性が高いとされています。

 

ぜひ、アルコールはあなたの美をむしり取る、魔の飲み物として理解して、飲まないですむようになることをお祈りしています。

 

どうしても、アルコールを飲まなければならない時には、アルコールから体が受けた被害を回復してくれる補助サプリや、良質な美顔器などを活用される事をオススメします。

 

アルコール被害回復・予防サプリ → こちらをクリック

30日完全返金保証制度の低コスト高機能美顔器 → こちらをクリック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

カテゴリ:禁酒効果   [コメント:0]

ページの先頭へ