禁酒効果で肝臓を回復させる方法

目安時間:約 5分
body_kanzou

禁酒効果で肝臓は回復するのか?

 これまで、飲酒生活を続けてきて、肝臓の数値が著しく悪い・・・。

健康診断で、いつも肝臓の数値が高いと引っかかっているが、見て見ぬふりをしている・・・。

 

現実から目をそむけたい気持ち、痛いほどわかります。

 

だって、過去の私の心の声そのものだからです。

 

ですが、意外や意外、禁酒を行うと効果てきめんに肝臓の数値が良くなりました。

 

本日は、禁酒効果は肝臓にあらわれるという事をお伝えしたいと思います。

肝臓ってどういう効果がある器官なの?

 肝臓はアルコールを分解してくれる、我々には無くてはならない器官!と思いがちですが、肝臓は500種類以上の仕事を、黙々と静かに行っている、真面目で努力家かつ、文句をギリギリまで言わない頑張り屋な器官なのです。

 

具体的には、体に摂取した栄養素を体が効率よく吸収できるように組み替えたり、毒物(アルコールもそうですよ!)が入ってきた時に解毒してくれています。

 

しかも、他の臓器よりも頑丈で、症状が悪化したとしても痛みを伝えないことから、

「沈黙の臓器」とも呼ばれています。

 

しかし、その沈黙も問題で、肝臓がSOSを出してきた時には、既に手遅れ・・・

という最悪の状況にも陥る方も多い、その頑な沈黙力。

 

そこで必要なのが、自分自身で定期的に診断を受けて、「数値」として見える形で肝臓の状態を把握しておく必要があります。

肝臓の数値:ALT(=GPT)とAST(=GOT)

肝臓の数値にはALT(=GPT)とAST(=GOT)が一般的に数値化されています。

 

このALT(GPT)とAST(GOT)は、肝臓で働いている酵素の数値となっています。

これらは身体に入ってきた栄養素をアミノ酸に置き換えて、身体を動かすエネルギーを作っています。

 

ALT(GPT)とAST(GOT)の基準値は30IU/L以下となっています。

この数値が高ければ高いほど、肝臓の細胞にトラブルがあると言われています。

 

健康診断で、基準値よりも高い数値が出た場合には、注意をして早期診断を行うべきだと言われています。

また、50IU/Lを越えていると脂肪肝など重度化が懸念されるような障がいが始まっている可能性が高く、100IU/L以上だとウイルス性肝炎や肝硬変が疑われるといわれています。

 

肝臓の数値:γ-GTP(ガンマ・ジーティーピー)

 γ-GTP(ガンマ・ジーティーピー)は肝臓や腎臓などでつくられる酵素で、タンパク質の分解や合成を行っている酵素となります。

大量のアルコールの処理を肝臓で行っている場合には、γ-GTPの量も増えてて、その結果、血液中に漏れ出す事態になるために、肝臓が弱まるとこの数値が高くなっていきます。

γ-GTP(ガンマ・ジーティーピー)は50IU/L以下が基準値となっています。

 

γ-GTPの値と注意信号

正常値 0~50(成人男性)

9~32(成人女性)
正常値。正常値より低くても問題ありません。
軽度の増加 正常値の上限~100 アルコール性肝障害、薬物性肝障害、慢性肝炎、脂肪肝で多くみられる数値です。肝硬変、肝がんの可能性もあります。
中等度の増加 100~200 アルコール性肝障害、薬物性肝障害、慢性活動性肝炎で多くみられる数値です。肝硬変、肝がん、脂肪肝、胆道疾患の可能性もあります。
高度の増加 200~500 アルコール性肝障害、閉塞性黄疸、肝内胆汁うっ帯で多くみられる数値です。慢性活動性肝炎の可能性もあります。
超高度の増加 500以上 急性アルコール性肝炎、閉塞性黄疸、肝内胆汁うっ帯などでみられる数値です。
 

肝臓の禁酒効果を発揮するまでの期間は?

 本日お伝えしたγ-GTP(ガンマ・ジーティーピー)等の数値は、回復が難しいくらい進行している場合を除けば、1ヶ月ほどで劇的に回復する方も多くおられます。

私の場合も、禁酒を行う前はγ-GTP(ガンマ・ジーティーピー)が300近くあったのですが、半年後の健康診断では正常値の60以下となっていました。

 

ぜひ、あなたも禁酒を行い、肝臓回復の効果を実感して頂ければと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

カテゴリ:禁酒効果  [コメント:0]

禁酒効果でむくみが解消!

目安時間:約 4分
mukumi

禁酒前にむくみが酷かった部分

禁酒する前、アルコールを毎日飲んでいた時は、むくみがひどかった思い出があります。
特に、足元は仕事が終わって夜に家に帰った頃には、靴下のゴム跡がピッタリ付いていました。

何より酷かったのは、翌朝の顔のむくみです。

顔がパンパンに腫れて、特に目元は重たい一重になっていました。

顔や足が腫れることで、見た目もあまり良くなかったのですが、一番の心配は「このまま、目に見えるような体の変化があるようなら、もっと深刻な病気になっている前触れ何じゃないか?」と不安になり、調べていた時期がありましたので、情報をシェアしたいと思います。

飲酒でむくみとなる原因

飲酒すると、なぜ体がむくんでくるのでしょうか?
アルコールを摂取して、体がむくむまでの経過を見てみましょう。

<アルコール摂取でむくむプロセス>

アルコールを飲む

おしっこを抑えているホルモンの働きが低下

おしっこに行きたくなる

脱水状態になる

さらにアルコールや水を飲んでしまう

水分を過剰に撮る為に、体がむくんでしまう。

というプロセスになります。

客観的に見ると、飲めば飲むほど喉が渇くアルコールを一口でも飲めば、むくむ原因の悪循環に陥ることが見て取れます。

飲酒で顔がなぜむくむのか?

顔まわりの周辺の組織は、他の部位の組織よりも繊細で、水分が溜まりやすいために、むくみやすいのです。
以上の点から、全身の中で一番むくみやすいので、病気を知らせる一番のポイントとなっています。

一般的には、顔のむくみから始まり、足、手という順番でむくむ場合が多く、慢性的に全身がむくんでいる場合には、何らかの病気を併発している可能性が高いようです。

飲酒によるむくみが知らせる病気

体全体が慢性的にむくんでいる場合、内臓自体もむくんでいる可能性が高く、水分が溜まるのみでなく、内臓で本来消化されるべき老廃物が全身に行き渡っている可能性があります。
そこで、飲酒によるむくみで考えられる病気を挙げてみたいと思います。

慢性腎臓病

一般的に、アルコールは腎臓にあまりダメージを与えるという認識はありません。
しかし、慢性的にアルコールを多量摂取していると、慢性腎臓病や末期腎不全の危険因子となりうるので注意する必要があます。
現在、慢性腎臓病の患者は1,330万人(20歳以上の成人の8人に1人)いる*と考えられ、新たな国民病ともいわれています。

慢性腎臓病(CKD)が進行すると、夜間尿、むくみ、貧血、倦怠感、息切れなどの症状が現れてきます。

進行すると、脳卒中や心筋梗塞などにかかり、急死する場合があるほか、腎不全になれば透析治療が必要となります。
この病気は、自覚症状が殆どないために、早期発見と生活習慣の見直しが必要となります。

禁酒効果でむくみが解消する!

ここまで、飲酒によるむくみの原因や病気のお話をしました。
どうすれば、飲酒によるむくみをなくすことが出来るのかという部分です。

それについては、禁酒でむくみを予防し、効果を発揮するという事が一番です。

ぜひ、当サイトの禁酒体験談や、禁酒本実践講座を活用して、一日も早く禁酒効果を発揮し、むくみを解消して頂きたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

禁酒1ヶ月効果

目安時間:約 4分
time

禁酒を始めて、1ヶ月が過ぎました。

そこで、禁酒を始めて1ヶ月でどのような効果があったのか、良い面も悪い面も含めて、お話をしたいと思います。

【禁酒1ヶ月の良い面】

体重◆

 禁酒前は、身長172cmに対して、体重が79kgりました。

H27.9.5

禁酒2週間後には、76kgに。

IMG_0650

そして、現在、禁酒1ヶ月時点で74.8kg!

image

1ヶ月でマイナス4.2kgの結果となりました。

 

食生活で、最初は意気込んでカロリーを計算して、食事を摂るようにしていました。

詳しくは → 禁酒ダイエット大作戦!

 

ですが、10日を過ぎたあたりから、脂っこいものをあまり食べたくなり、過食する事も無くなりました。

身体が健康な食生活を欲しているのがわかります。
そして、健康に関して、もっと知識を増やしたいと思うようになりました。(飲酒していた頃では考えられない事です)

◆時間◆

time これは、飲酒して寝ていた時間、もしくは、二日酔いで動けなくなった時間を含めて動けるようになりました。

つまり、最低、1日に2時間は有意義に使えるようになりました。

 

おかげで、携帯電話をauから格安simに乗り換えて、年12万円浮くようになりました。

詳しくは → こちらをクリック

 

また、毎日、ブログを更新するという事も出来ました。

ブログを書くだけでは物足りずに「禁酒本実践講座」として、禁酒セラピーを教科書としたら、理解を深めて自身の力となり肉付けする為の問題集的な位置付けで無料でメールセミナーを開講するようになりました。

kinsyuzissen

詳しくは → 禁酒本実践講座

 

なぜかわかりませんが、日に日に受講されている方が増えています(汗)

質問や、アドバイスを求められるメールが増えており、禁酒仲間が増えている事が、うれしくもあり、心強くもあります。

 

◆お金◆

kane 飲酒をしていた時は、1日に500円は使っていたので、単純計算すると
500円×30日=15,000円
手元に残る事となりました。

 

実は、このお金で、妻に新しいキーケースを、娘にはいつもより高いおもちゃを買ってあげました。

今まで、常に金欠で、プレゼントなどもらった事がない妻は、大喜び。

 

その笑顔、私にとって
プライスレス。

 

禁酒1ヶ月のデメリット

 

0d4304a4763f49bec3c2bdc55729475b_sなし。

 

これは、一つ思い浮かぶところがありました。

 

それは、仕事が忙しい事と、クレーム対応など、面倒な仕事を明日に控えている場合に、酒を飲むときみたいに、忘れてしまう事が出来ないという点です。

ですが、酒を飲んで忘れて、何も準備できずに、二日酔いの頭の回らない状態で、面倒ごとに対応していた時に比べると、今の常時シラフで、完璧な予防法をとり、対応を行うという方が、問題の解決に早く結びつきますし、なんといっても、時間に余裕があるので、対策がバッチリできています。

 

ですので、デメリットを打ち消すくらいのメリットがあるので、今回の禁酒の悪い面は「なし」とします。

 

以上、禁酒1ヶ月の効果の良い面・悪い面をお伝えしました。

 

次回は、大切なお話をしたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

ページの先頭へ