禁酒本実践講座

kinsyuhonopt

禁酒効果で血圧は下がるのか?【高血圧の方必見】

目安時間:約 4分
ketsuatsukei

禁酒を始めるきっかけの1つに「高血圧だから、禁酒を始めようかと思っています」という方がいます。

果たして、禁酒効果で血圧が下がり、健康になるのか実際の所の情報をシェアしたいと思います。

血圧の基本

ketsuatsu_keisokuまず、禁酒効果で血圧がどれくらい下がるかの前に、「血圧」自体の基本を理解しましょう。
血圧とは、血液の圧力で血管の壁が押される力で、「血液の量」と「血管の硬さ」で数値が決まります。

簡単にいえば、血管の抵抗が大きくなれば、血液は上がり、逆に血管の抵抗が小さくなれば血圧は下がります。

 

血圧は、高ければ脳卒中や心筋梗塞など、一瞬で死に至る病を引き起こす原因となっていますので「高血圧」となる事は非常にリスクが高いとされています。

一般的には、血圧の数値が「135/85」以上あるようなら、高血圧の仲間入りとされています。

 

飲酒すると高血圧になるのか?

高血圧が、恐ろしい病の引き金になることはわかりました。そこで、飲酒と高血圧には、どういった関係があるのでしょうか?

飲酒を行い多量のアルコールを摂取すると、交感神経の働きが活発になってきます。
この交感神経とは、活動・緊張・ストレスの神経とされています。つまり、アルコールを飲むと、この交感神経が過活動を行い、心身共に緊張が非常に強くなります。

 

また、アルコールを飲む際のおつまみなどは非常に塩分が多い食材となっており、この塩分によって、血管内の水分が増加する、つまり、血液の量が増加し、その結果、血管を押し広げようとします。

血管を押し広げるという事は、血管の抵抗が大きくなり、血圧を上昇させてしまいます。

 

以上の点から、
・アルコールによる副作用=交感神経の昂ぶりからの緊張
・飲酒行動に含まれる高塩分による影響=おつまみ
という2つのものが飲酒が高血圧に結びつく原因であるといえます。

 

禁酒で血圧が下がる効果はあるのか?

結論を言うと、禁酒で血圧は「下がる効果があります。」

飲酒行動による、副交感神経の昂ぶりが収まることで心身共に穏やかな気持ちになり、緊張が取れ、血圧が下がります。

また、おつまみなど、塩分が多い食事を取ることが減るために、自然と血圧も下がることになります。
以上の点から、高血圧もしくは予備軍の方は、血圧を下げる為に最も効果的な禁酒を行われる事をオススメします。

 

ですが、いきなり禁酒を行うことにはハードルが高いと感じている方も多くいると思います。

 

そこで、高血圧の人への多くの医学的勧告では、1日のアルコール摂取量を「30ミリ・リットル以下」にすることで、高血圧のリスクが軽減されるとアドバイスを行われています。

 

具体的な量でいうと、ビール大ビン1本、日本酒で1合、ウィスキーでダブル1杯までということになります。
※必ず休肝日は週に2日はもうけるようにして下さい。

 

また、禁酒以外にも血圧を下げる効果があるのは、
1番は規則正しい食生活であるといえます。

 

適度な運動と、栄養バランスのある食事。
そして、充分な睡眠が最も血圧を安定させる秘訣です。

 

それでも、どうしても血圧が下がらない場合、
もしくは、不安な場合は早めに医師に診察をうけることをオススメします。

 

血圧で悩まれている方の一助になれますようお祈りしています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

カテゴリ:禁酒効果  [コメント:0]

禁酒効で肌が若返る!具体的な対策とは?

目安時間:約 4分
肌

 禁酒効果を肌で感じる方が、多くおられます。

(肌といっても、比喩ではなく本物の「肌」ですよ^^)

 

そこで、今回は、なぜ禁酒を行うと肌に効果が出てくるのか、情報をシェアしたいと思います。

禁酒効果が肌で出るというよりも、飲酒でダメージを受けていた・・・

 禁酒を行ったら美肌効果があったという報告は、視点を変えると、

「元の姿に戻った」という事になると思います。

 

飲酒癖がある方に多くある肌トラブルとして、下記のものがよく言われています。

 

・毛穴が開いている

・黒ずみが目立つ

・痒みがある

・乾燥してカサカサしている

・シワが増える

・目の下のクマが目立つ

・吹き出物やニキビが増える、治りにくい

・顔色が変になる(赤ら顔、黄疸っぽい、黒い)

 

実は、これらの肌トラブルの原因は、全てアルコールによるものだと考えられませんか?

飲酒すると肌に悪影響を与える訳

 飲酒を行うと、一時的に体温が上がり、体から水分が抜け出し、肌が乾燥します。

 

肌が乾燥すると、潤いがなくなった結果、シワが目立つようになります。

 

かつ、食生活が不規則になりビタミン・ミネラル不足となった結果、ますます肌の張りがなくなり毛穴は開き、肌全体が獣欲に負けて垂れ下がるようになります。

 

その結果、年齢よりも老けて見られるようになり、それからくるストレスで飲酒を行い、その結果、肌の状態が悪くなり、飲酒を行って・・・という悪循環になる場合が多いようです。

 

また、アルコールは眠たくなる作用がある反面、良質な睡眠を妨げます。その結果、常に睡眠不足状態となり思考力の低下、目の下のクマの出現など、さらに追い打ちをかけるような副作用が待ち構えています。

禁酒効果を肌で感じたいあなたがすること。

 まず、禁酒もしくは休肝日を持つようにしましょう。

 

最初から難しいとは思いますが、この記事を呼んで、いかに飲酒が肌に悪影響、いえ、生活自体に悪影響を与えているかを理解することが出来たと思います。

 

ですので、繰り返し、アルコールの真実の姿を暴いている当ブログの記事を参考にしていただいたり、当サイトで実施している禁酒本実践講座を試していただいたり、まず、小さな行動から開始する事が大切です。

 

また、女性の方は特に連続飲酒には気をつける必要があります。

 

そもそも、女性は肝機能が男性より弱いために、アルコールの分解力が無く、肌トラブルに発展する可能性が男性よりも高いのです。

 

そして、アルコールによって、女性ホルモンの分泌が減るので、剛毛化、薄毛、精神不安定などの症状が出る可能性が高いとされています。

 

ぜひ、アルコールはあなたの美をむしり取る、魔の飲み物として理解して、飲まないですむようになることをお祈りしています。

 

どうしても、アルコールを飲まなければならない時には、アルコールから体が受けた被害を回復してくれる補助サプリや、良質な美顔器などを活用される事をオススメします。

 

アルコール被害回復・予防サプリ → こちらをクリック

30日完全返金保証制度の低コスト高機能美顔器 → こちらをクリック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

カテゴリ:禁酒効果   [コメント:0]

禁酒効果一日を最大限に発揮する方法は「◯◯◯」!

目安時間:約 5分
kyukanbi

 禁酒効果は一日だけでどれくらいの効果があるのか、気になる方が結構いらっしゃいます。

今回は、禁酒効果は一日でどれくらいあるのか考察と実際に効果が出る飲酒頻度について情報をシェアしたいと思います。

 

禁酒効果一日の考察

 禁酒効果一日の定義をここでは「アルコールを摂取しないで24時間を過ぎた状態」とします。

私が実際に禁酒を行って丸一日過ぎた後に感じる事は、以下のようになります。

 

1.二日酔いがなくなる

2.気分が上向きになる

3.夕方になると酒が欲しくなる

 

以上の3点が連続飲酒を行っていた期間に、丸一日アルコールを飲まなかった日の状態になります。

 

まあ、二日酔いの翌日ですので、体力が低下しており、無理して酒を飲まないで過ごすことが容易な感じですね。

 

ここで注目すべきは、3.夕方になると酒が欲しくなるという飲酒欲求が出てきており、かつ、1.二日酔いがなくなる、2.気分が上向きになるは、健康的になっている事が、飲酒行動を達成させてしまっている所が問題だといえます。

 

ですが、ここの強みをよ~く見てみて下さい。

 

二日酔いの翌日は、アルコールを抜いて24時間過ごすことが、意外と簡単にできるという強みがあります。

(当然です。体も考える力も疲れきっているのですから)

 

そこで、今回は、禁酒効果一日を効果的に活用するための方法を考えました。

 

それは、「休肝日」を作るという事です!

 

最も効果的な一日禁酒を継続的に行う=休肝日

 では、効果的な休肝日の取り方って一体どういうものなのでしょうか?

 

厚生労働省は、飲酒が「週1~2日」「週3~4日」「週5日~7日(休肝日なし)」のグループに分けて調査を行われています。

 

結果は、休肝日なしのグループは、飲酒量にかかわらず総死亡リスクが最も高いことが明らかになりました。

 

具体的には、1周間の間で、アルコールを300~449g飲酒する習慣がある方の場合、休肝日を週1~2日ある方よりも、休肝日なしのグループの総死亡率が1.5倍まで上昇している事が判明しました。

 

さらに、一週間当たり450g以上飲酒する人に至っては、総合死亡率が1.8倍にもなったと言われています。

 

これらの統計データから、一日平均2合以上の多量飲酒は、死亡リスクが高くなることがわかり、国の保健指導では「週2日以上の休肝日を」というアドバイスが行われるようになったとの事でした。

 

以上の点から、週2回は休肝日を意識的に取ることを推奨します。

 

一日禁酒効果を継続的に行う「休肝日」を取るヒント

 週2回は休肝日を意識的に取ることを推奨すると言われても、どうしても飲んでしまう・・・。

 

という方に、休肝日を取るヒントをお伝えします。

 

具体的には休肝日」を取らざるをえない状況を作るという事になります。

 

(休肝日の取り方)

・休肝日を取るために、残業を行う

・仕事の後に、食事以外の用事を入れる

・週1回は飲酒時間に趣味のサークル活動を始める

・家に帰らずにカプセルホテルやまんが喫茶など環境を変える

・クタクタになるまで、トレーニングを行う

 

といった、ある意味強制的なイベントを自身で取り入れてみると良いかと思います。

 

この記事を読まれている方には、ご家族の方もいると思いますので、飲酒癖があるご家族に、一緒に趣味活動を行う提案などしてはいかがでしょうか?

 

それでは、本日はここまでです。
ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

カテゴリ:禁酒日記  [コメント:0]

禁酒効果で肝臓を回復させる方法

目安時間:約 5分
body_kanzou

禁酒効果で肝臓は回復するのか?

 これまで、飲酒生活を続けてきて、肝臓の数値が著しく悪い・・・。

健康診断で、いつも肝臓の数値が高いと引っかかっているが、見て見ぬふりをしている・・・。

 

現実から目をそむけたい気持ち、痛いほどわかります。

 

だって、過去の私の心の声そのものだからです。

 

ですが、意外や意外、禁酒を行うと効果てきめんに肝臓の数値が良くなりました。

 

本日は、禁酒効果は肝臓にあらわれるという事をお伝えしたいと思います。

肝臓ってどういう効果がある器官なの?

 肝臓はアルコールを分解してくれる、我々には無くてはならない器官!と思いがちですが、肝臓は500種類以上の仕事を、黙々と静かに行っている、真面目で努力家かつ、文句をギリギリまで言わない頑張り屋な器官なのです。

 

具体的には、体に摂取した栄養素を体が効率よく吸収できるように組み替えたり、毒物(アルコールもそうですよ!)が入ってきた時に解毒してくれています。

 

しかも、他の臓器よりも頑丈で、症状が悪化したとしても痛みを伝えないことから、

「沈黙の臓器」とも呼ばれています。

 

しかし、その沈黙も問題で、肝臓がSOSを出してきた時には、既に手遅れ・・・

という最悪の状況にも陥る方も多い、その頑な沈黙力。

 

そこで必要なのが、自分自身で定期的に診断を受けて、「数値」として見える形で肝臓の状態を把握しておく必要があります。

肝臓の数値:ALT(=GPT)とAST(=GOT)

肝臓の数値にはALT(=GPT)とAST(=GOT)が一般的に数値化されています。

 

このALT(GPT)とAST(GOT)は、肝臓で働いている酵素の数値となっています。

これらは身体に入ってきた栄養素をアミノ酸に置き換えて、身体を動かすエネルギーを作っています。

 

ALT(GPT)とAST(GOT)の基準値は30IU/L以下となっています。

この数値が高ければ高いほど、肝臓の細胞にトラブルがあると言われています。

 

健康診断で、基準値よりも高い数値が出た場合には、注意をして早期診断を行うべきだと言われています。

また、50IU/Lを越えていると脂肪肝など重度化が懸念されるような障がいが始まっている可能性が高く、100IU/L以上だとウイルス性肝炎や肝硬変が疑われるといわれています。

 

肝臓の数値:γ-GTP(ガンマ・ジーティーピー)

 γ-GTP(ガンマ・ジーティーピー)は肝臓や腎臓などでつくられる酵素で、タンパク質の分解や合成を行っている酵素となります。

大量のアルコールの処理を肝臓で行っている場合には、γ-GTPの量も増えてて、その結果、血液中に漏れ出す事態になるために、肝臓が弱まるとこの数値が高くなっていきます。

γ-GTP(ガンマ・ジーティーピー)は50IU/L以下が基準値となっています。

 

γ-GTPの値と注意信号

正常値 0~50(成人男性)

9~32(成人女性)
正常値。正常値より低くても問題ありません。
軽度の増加 正常値の上限~100 アルコール性肝障害、薬物性肝障害、慢性肝炎、脂肪肝で多くみられる数値です。肝硬変、肝がんの可能性もあります。
中等度の増加 100~200 アルコール性肝障害、薬物性肝障害、慢性活動性肝炎で多くみられる数値です。肝硬変、肝がん、脂肪肝、胆道疾患の可能性もあります。
高度の増加 200~500 アルコール性肝障害、閉塞性黄疸、肝内胆汁うっ帯で多くみられる数値です。慢性活動性肝炎の可能性もあります。
超高度の増加 500以上 急性アルコール性肝炎、閉塞性黄疸、肝内胆汁うっ帯などでみられる数値です。
 

肝臓の禁酒効果を発揮するまでの期間は?

 本日お伝えしたγ-GTP(ガンマ・ジーティーピー)等の数値は、回復が難しいくらい進行している場合を除けば、1ヶ月ほどで劇的に回復する方も多くおられます。

私の場合も、禁酒を行う前はγ-GTP(ガンマ・ジーティーピー)が300近くあったのですが、半年後の健康診断では正常値の60以下となっていました。

 

ぜひ、あなたも禁酒を行い、肝臓回復の効果を実感して頂ければと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

カテゴリ:禁酒効果  [コメント:0]

禁酒効果でむくみが解消!

目安時間:約 4分
mukumi

禁酒前にむくみが酷かった部分

禁酒する前、アルコールを毎日飲んでいた時は、むくみがひどかった思い出があります。
特に、足元は仕事が終わって夜に家に帰った頃には、靴下のゴム跡がピッタリ付いていました。

何より酷かったのは、翌朝の顔のむくみです。

顔がパンパンに腫れて、特に目元は重たい一重になっていました。

顔や足が腫れることで、見た目もあまり良くなかったのですが、一番の心配は「このまま、目に見えるような体の変化があるようなら、もっと深刻な病気になっている前触れ何じゃないか?」と不安になり、調べていた時期がありましたので、情報をシェアしたいと思います。

飲酒でむくみとなる原因

飲酒すると、なぜ体がむくんでくるのでしょうか?
アルコールを摂取して、体がむくむまでの経過を見てみましょう。

<アルコール摂取でむくむプロセス>

アルコールを飲む

おしっこを抑えているホルモンの働きが低下

おしっこに行きたくなる

脱水状態になる

さらにアルコールや水を飲んでしまう

水分を過剰に撮る為に、体がむくんでしまう。

というプロセスになります。

客観的に見ると、飲めば飲むほど喉が渇くアルコールを一口でも飲めば、むくむ原因の悪循環に陥ることが見て取れます。

飲酒で顔がなぜむくむのか?

顔まわりの周辺の組織は、他の部位の組織よりも繊細で、水分が溜まりやすいために、むくみやすいのです。
以上の点から、全身の中で一番むくみやすいので、病気を知らせる一番のポイントとなっています。

一般的には、顔のむくみから始まり、足、手という順番でむくむ場合が多く、慢性的に全身がむくんでいる場合には、何らかの病気を併発している可能性が高いようです。

飲酒によるむくみが知らせる病気

体全体が慢性的にむくんでいる場合、内臓自体もむくんでいる可能性が高く、水分が溜まるのみでなく、内臓で本来消化されるべき老廃物が全身に行き渡っている可能性があります。
そこで、飲酒によるむくみで考えられる病気を挙げてみたいと思います。

慢性腎臓病

一般的に、アルコールは腎臓にあまりダメージを与えるという認識はありません。
しかし、慢性的にアルコールを多量摂取していると、慢性腎臓病や末期腎不全の危険因子となりうるので注意する必要があます。
現在、慢性腎臓病の患者は1,330万人(20歳以上の成人の8人に1人)いる*と考えられ、新たな国民病ともいわれています。

慢性腎臓病(CKD)が進行すると、夜間尿、むくみ、貧血、倦怠感、息切れなどの症状が現れてきます。

進行すると、脳卒中や心筋梗塞などにかかり、急死する場合があるほか、腎不全になれば透析治療が必要となります。
この病気は、自覚症状が殆どないために、早期発見と生活習慣の見直しが必要となります。

禁酒効果でむくみが解消する!

ここまで、飲酒によるむくみの原因や病気のお話をしました。
どうすれば、飲酒によるむくみをなくすことが出来るのかという部分です。

それについては、禁酒でむくみを予防し、効果を発揮するという事が一番です。

ぜひ、当サイトの禁酒体験談や、禁酒本実践講座を活用して、一日も早く禁酒効果を発揮し、むくみを解消して頂きたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
1 3 4 5 6 7 16

ページの先頭へ